http://sidecore.net/

In 2012“SIDECORE”project was founded and initiated by young artist volunteers. The central concept behind the project is “the extension of the self within the city”, in which the “city” signifies both urban space and public virtual space on the internet.

  

公共圏の表現 / Expression of Public Area


MADSAKI “untitled”

 

サイドコア-公共圏の表現-は、西武渋谷店にて開催されます。 西武渋谷店舗内の普段、作品を展示する想定の無い場所が展覧会場となります。今回参加する5人のアーティストそれぞれが、店内各所の構造や意味を解釈し表現を介入させる事で、その場所の意味を露にする試みです。店舗の主要部分である化粧品売り場から普段気に留めることの少ない非常階段まで、穴場を探り作品が仕掛けられます。店舗を出て見える渋谷の風景もまたビルや道路の建設、人の流れによって変化しています。一見円滑に変化している風景ですが、そこにも多様な階層(個人から法律まで)のルールが存在し、バランスを保っています。今回の展示では、そういった「公共のルールによる空間」に表現を介入さることで、1つのノイズをつくり、鑑賞者に空間を見直す視点を促します。 ぜひご高覧ください。

 

参加アーティスト:コムロタカヒロ+SEXUAL YOUKAI/藤元明/MADSAKI/TENGA one/yang02 

会期: 2014年3月4日(火) - 3月10日(月)
時間 : 10:00-21:00(月曜から土曜)10:00-20:00(日曜・祝日)
会場 :〒150-8330 東京都渋谷区宇田川町21-1/西武渋谷店
特別協力 :(株)DGN


SIDE CORE “Expression of Public Area”
SIDE CORE “Expression of Public Area” will be held in Seibu Shibuya. The works will be displayed in areas, where usually are not places to be considered as areas to show art. After understanding well the structure and the meaning of each of the places inside the department store, the 5 artists will express and reveal it’s meanings in their own way. Their works will be placed in the cosmetic area, where is the main spot of the department store, to the emergency staircase, where usually people are not familiar with. The view of Shibuya, outside of the department store, also varies according to the progress of construction of buildings and flow of people. It looks like as if the view is transforming smoothly, but actually many levels of rules (individual to laws) exist there and is keeping the balance. This exhibition is to have people reconsider the way of thinking of “spaces”, by adding expression to the “spaces composed by public rules”. It would be a great pleasure if you could take a moment to visit us there as well.

 

ARTISTS:Takahiro Komuro+SEXUAL YOUKAI/Akira Fujimoto/MADSAKI/TENGA one/yang02

Term: 2014.3.4(tue) – 3.10(mon)
Open: 10:00-21:00(mon-sat) 10:00-21:00(sun,public holodays)
Venue: 21-1,Udagawa-cho,Shibuya-ku,Tokyo(zip150-8330)/SEIBU-A bild. 
Cooperation : DGN Inc.



参加アーティスト


Akira Fujimoto

藤元明は、誰もが知っている記号やオブジェク トを様々な現象の中に取り込み作品化していき ます。企業が行う広告やCSR 事業の企画・運営 に関わりながら、それらのプロジェクトを自分 自身のアート作品として様々な媒体で表現して います。商品・サービス提供を目的とするよう な広告だけではなく、社会に対する矛盾や新た な問題定義を折り込みながらメッセージを社会 に提案しています。

 

Akira Fujimoto's works show symbolic objects, which are familiar to anyone, into various phenomenon. While involving with company's advertising, planning and management for CSR activities, he is expressing those projects as his own art pieces through many kinds of media. His works are not only advertisements for products or services, but is raising problems, such as contradictions in the society and other new issues, into his works.


Takahiro Komuro + SEXUAL YOUKAI

コムロ タカヒロの作品は、一見フィギュアを拡 大したような奇妙でどこか愛らしい怪物の彫刻 ですが、彼はそれらを現代社会という神話にお ける神々の像として提示します。政治から社会、 そして自然災害まで、彼の作品は1 つ1 つが重 大なテーマを持っているのにも関わらず、その 外見はポップで無邪気さすら持っています。そ のギャップは、人々が現代の社会問題に感じる 距離感の表れであり、本音と建前、正義と悪等 あらゆる矛盾をはらみながら生きる人間の姿で もあるのです。今回コムロは、SEXUAL YOUKAI のヴィジュアルと共に展示を行います。

 

Takahiro Komuro's works look like queer yet charming enlarged figurines, but are actually figures of Gods in the myth of modern society. Each of his works holds serious themes, such as politics, society, natural disasters, however the surface is pop and could even be found innocent. Those gaps show the sense of distance between people & social problems, and is also the image of people who live between the contradiction of honesty & facade, justice & evil.He will display his works along with the visual of SEXUAL YOUKAI.


TENGA one

TENGA one は10 代前半からストリートアー ティストとして活躍してきました。彼は、スプ レーを高度に操り、都市の中で身体的・精神的 にモンスター(怪物)のようになってしまった彼 自身、もしくは人の姿をコミカルに描きます。 彼はそれらのモンスターを都市の風景に忍ばせ ることで、視覚的に都市を更新させているのです。

 

TENGA one has been working as a street artist since he was a teenager. He draws himself and other people comically, who transformed into Monsters, physically and mentally in the city, with his magical spray techniques. By hiding those Monsters in the city, he is visually updating the city.


MADSAKI

MADSAKI はニューヨークで育ち、ストリート アートの発展に直に触れてきたアーティストで す。今回展示する作品では、普段気に留めるこ となく流してしまいそうな“ 砕けた会話の断片” を、早いタッチで描き出します。それは、作為性 を抑え身体的で瞬間的なインスピレーションを 切り出す行為であり、気に留めないようなこと ほど実は重要で何かが隠されているのではない か、MADSAKI は書道や詩とは異なる言葉の表現 に挑んでいるのです。

 

MADSAKI was raised in New York, in the city of street art. His works are "pieces of casual conversation", which words we usually don't pay attention to, drawn in a quick touch. It is a challenge for MADSAKI toward expression of words, which is expressed by a different angle from calligraphy or poem, trying to find the important things hidden in those nonintentional c a s u a l w o rd s , t h a t a re m o m e n t a r y a n d inspirational.


yang02

yang02 はコンピューターを用いて、工学研究 のような方法で表現をおこないます。それは表 現とはなんなのか、人はなぜ絵を描くのかとい う普遍的な問いでもあります。今回はGPS をつ けた自転車で渋谷区内を移動し位置情報、映像、 環境音を記録し、その軌跡を渋谷区の地図上で 見ると文字の形(アルファベット)としてあら われる《Urbanized Typeface Shibuya08-09》を 展示します。

 

yang02 will show his works with computer as like a engineering research work. It is also a thesis of what do “expressions” actually mean and why do people draw. "Urbanized Typeface Shibuya08-09" is a work of alphabets appearing on the map of Shibuya. The alphabets are tracks of data of location information, images and sounds from the bicycle that run around Shibuya with GPS.