http://sidecore.net/

In 2012“SIDECORE”project was founded and initiated by young artist volunteers. The central concept behind the project is “the extension of the self within the city”, in which the “city” signifies both urban space and public virtual space on the internet.

  

身体/媒体/グラフィティ

sidecoregraffiti

 

2012年8月、有志の若手アーティストたちによって構成された自主企画展《サイドコア‐日本美術と「ストリートの感性‐」》は、ストリートの文化(カルチャー)に深く感化され、その影響を独自に消化した日本の新しい美術表現にハイライトを当てる意欲的な試みでした。 2013年3月に開催する《サイドコア‐身体/媒体/グラフィティ‐》では、身体とメディアの関係に意識的なアーティストたちの作品を、グラフィティと美術の間に揺らぐ稜線上に展示します。 高度に拡大し変移する情報環境の発展が、身体と媒体(メディア)の関係を曖昧模糊としている現在、私たちは、身体の痕跡が媒体(メディア)に現れるグラフィティの「能動性」や「儚さ」に注目します。美術がシンボリックで私的な空間より、人々の相互作用や社会的文脈の領域へ*向かう傾向がある今、アノニマスな現象のうちに美術の関心を見いださざるをえないからです。   「サイドコア‐身体/媒体/グラフィティ‐」では、それぞれのアーティストがどのように媒体(メディア)に関わり彼らの身体性を発揮させていくのか。アーティスト、鑑賞者、それぞれのまなざしが交錯し新たな遭遇のための場を生み出します。
(サイドコア運営チーム)

* ニコラ・ブリオ「関係性の美学」(Nicolas Bourriaud “ Relational Aesthetics”)より

Thbre first exhibition, SIDE CORE “Japanese Art and Sensitivity on the Streets,” took place in Tokyo in August 2012. It ambitiously and successfully highlighted emerging expressions in Japanese Art scenes; number of artists have been deeply influenced by street culture and have assimilated it in their own ways.
In SIDE CORE “SHINTAI/BAITAI/GRAFFITI,” which will start in March 2013, artists who have a keen interest in the relationship of body and medium will exhibit their works along the fine border of art and graffiti. Within this highly informed society that keeps expanding, the boundary between our body and expression media is obscure. In this sense, graffiti as a way of expression is notable for its ‘motility’ and ‘fragility,’ because the anonymous representation finely traces physical movements of the creator. We cannot but be artistically interested in those selfless expressions, when contemporary art is also finding its ways of communication in society-oriented contexts, instead of confining itself in private spaces.
Please be ready to find out how the artists get them involved in different types of media and exert their bodily properties for creation. SIDE CORE “SHINTAI/BAITAI/GRAFFITI” will be a place where the eyes of the artists and the viewers cross and meet to discover new possibilities of expression.
SIDE CORE Executive Committee

 

□ 主催 : サイドコア運営チーム(代表 高須咲恵/キュレーター 荏開津広/コーディネーター 長内綾子 松下徹/スーパーバイザー 河内晋平)
□ 協力 :寺田倉庫株式会社/ STUDIO SHIKUMI inc./URBAN FORCE Inc. / Blijven 
□ 協賛 :STUDIO SHIKUMI inc. □ グラフィックデザイン : 藤元明 □ タイポグラフ : 今村圭佑
□ 翻訳 : 田村かのこ

□写真提供 : Miyuki Pai Hirai

 

Supported by: Terrada Warehouse Company, STUDIO SHIKUMI inc., URBAN FORCE Inc., Blijven

Sponsored by: hyper internets inc., STUDIO SHIKUMI inc. 
Graphic Design: Akira Hujimoto
Typography: Keisuke Imamura
Translation: Kanoko Tamura

Photography provided by: Miyuki Pai Hirai

 

オープニング:2013年3月22日(金)18:00‐
2013年4月14日(日)16時30分-「現代アートの成り立ちをメディア、保存・保管から考える」
トークイベント/ゲストにコレクターの宮津大輔さんをおむかえして、STUDIO SHIKUMI inc.の河内晋平さんと作品の保管と保存から、作品管理の未来の形、アーカイブとアートの関係までを 語り尽くします。