http://sidecore.net/

In 2012“SIDECORE”project was founded and initiated by young artist volunteers. The central concept behind the project is “the extension of the self within the city”, in which the “city” signifies both urban space and public virtual space on the internet.

  

STREET MATTERS

pocket tissue as flyer
outside view
ACTIVIST’S BENCH
Installation view / 1F
white bell / Jun Ichikawa
front: Mr. Makoto’s collection. back: Mr. Shukan’s photograph /EVERYDAY HOLIDAY SQUAD
CHISUI-SONKEI (Respecting Landscape) / Taichi Moriyama
KENKO / Nampei Akaki
untitled / YAIYAI
untitled / Ryota Kikuchi at 4F
Ryota Kikuchi
CHISUI-SONKEI (Respecting Landscape) / Taichi Moriyama at BF
CHISUI-SONKEI (Respecting Landscape) / Taichi Moriyama at BF
Street better / Taichi Moriyama at Roof Top

 

今回SIDE COREは「STREET MATTERS」というテーマで、7組のアーティストと共に展覧会を開催します。「matter」という言葉を直訳すると「問題・事柄・事態 」総じて物事の状態・状況を表します。それは語源である「material」という言葉が、物質の安定・固定した状態を表す意味に対し、「matter」は変化や動きという意味をもって物事を表しているのです。展覧会場となる渋谷のBLOCK HOUSEを一歩出れば、スケートボーダーが明治道り沿いにこっそり作ったセクションが、ホームレスが置き去りにした荷物の塊が、そして壁にはグラフィティのゲームが繰り広げられています。そのようなゲリラ的行為は日々変化しており、注意深く観察していると、これらを通して街とその秩序の変容が透けて見えてくるのです。今回展示するアーティスト達はそのような公共空間の秩序や変化に介入し、そこにある生々しい「物・事」を拾い上げ、作品として提示します。それらは私達の意識や感覚を直接揺さぶる「matter」であり、街の変化を見透す視点を私達に分けてくれるのです。

 

SIDE CORE is pleased to announce “STREET MATTER”, art show by 7 member of artists.

Literally translate the word “matter” is a term expressing problems, circumstances, happenings. The origin of “material” mean has suggest which stable substance and fix state and also “matter” which mean has variation and movement.
If you one step out of BLOCK HOUSE in Shibuya where this art show will be, you can find concrete skateboarding sections secretly created along the Meiji street, plenty of baggages left by homeless people, and graffiti game is spreading on the wall. Such guerrilla acts are changing everyday, and if you taking look carefully, you will observe and its become visible in the order will be changed of the city.
These artists are exhibiting this time will intervene in the order and change of public space, pick up the vivid “material” and “happen” present it as an art work. These “matter” which directly effect our perception and consciousness and share us perspective to recognize invisible changes of the city.


展覧会開催概要

タイトル:STREET MATTERS
参加アーティスト:Nampei Akaki / 市川ヂュン/ EVERYDAY HOLIDAY SQUAD/ 菊地良太/ 宮原嵩広/ 森山泰地/ YAI YAI
会期:2017年2月18日(土) – 3月6日(月)

(2月17日(金)17:00- オープニング、住宅街になるレモンで作ったお酒を振舞います。)
会場:BLOCK HOUSE
住所:東京都渋谷区神宮前6−12−9
(千代田線明治神宮前駅から徒歩5分、明治通りAUDI FORUMビル裏)
時間:13:00 – 20:00(3月6日のみ16:00まで)
休み:毎週火曜日
主催: SIDE CORE(代表 高須咲恵)
協力: BLOCK HOUSE, island JAPAN
問い合わせ: sidecore.tokyo@gmail.com

 

-outline-
Artist :Nampei Akaki / Jun Ichikawa/ EVERYDAY HOLIDAY SQUAD/ Ryota Kikuchi/ Takahiro Miyahara/ Taichi Moriyama/ YAI YAI
Term:18th Feb.(sat) – 6th Mar.(mon)(opening reception 17:00 – 17th Feb.2017)
Venue:BLOCK HOUSE
Address:6−12−9 Jingumae, Shibuya, Tokyo.
Open:13:00 – 20:00(6th Mar. Close on 16:00)
Close:every Tuesday
Cooperation : BLOCK HOUSE, island JAPAN
Contact: sidecore.tokyo@gmail.com


 >>> イベント <<<
「MIDNIGHT WALK tour」 ※3月初旬予定
SIDE COREでは、今回の企画を皮切りに新しい枠組みの活動を発表します。街にアーティスト達とともに作品をゲリラ的に点在させ、既存の建築や壁画、グラフィティと共に、それらの作品を鑑賞・観察するツアーです。展覧会には始まりも終わりもなく、動線も無く、街の中でアートが増殖したり撤去され変化していきます。

「MID NIGHT HANG OUT!」 ※3月初旬予定
アートグループChim↑Pomの卯城竜太さんを招き、SIDE COREとChim↑Pomの街を舞台とした活動の展望をシェアしあうトークショーを開催します。トークショーではSIDE COREの参加作家EVERYDAY HOLIDAY SQUADのヨーロッパでのゲリラアートに関するリサーチの結果の報告と、またChim↑Pomのアメリカとメキシコの国境で展開されたプロジェクトの裏側について伺います。また、トークショーは夜比較的遅い時間に開催され、その後卯城さんと共に「MIDNIGHT WALK tour」に繰り出します。(予約制・人数制限あり)

※詳細日程・その他のイベントは、随時サイトにてアップデートいたします。



参加アーティスト


Nampei Akaki
「写真がコンセプトの写真」をテーマに、日常的に膨大な量のスナップショットを撮影している。近年はレンズを介さずに直接街の光を撮影し、光がカメラ内で乱反射し幾何学的な図像を作り出すシリーズ「KENKO」を発表。また撮影の際、彼が街中から拾い集めてきたジャンク(廃品)と自身が撮影した写真のプリントを縦横無尽に組みあわせ、膨大なジャンクと写真の迷宮を作るインスタレーション作品「NAMPEI SHOP」を発表。写真が何かを写した虚像としてではなく、ジャンクと共に「街の破片」として立ち現れることで、風景に「出会う」ように写真を体験させることを目的としている。


Nampei Akaki

Akaki's theme is "the concept of photograph is photography", he takes a huge amount of snapshots on a daily basis. In recently, his most particularly series are "KENKO" which shoots directly the light of the city without a lens. The light reflects directly to the camera and to make colorful geometric images. In another series, He combines photograph prints and a vast junks where he picked up from the street. That installation art work called “PHOTOBJECTS”. This project aim to photographs will appear as "a fragment of the city" with junk, and also these photograph will not he shoot something virtual image, but it will express to meet an apart of landscape.


市川ヂュン / Jun Ichikawa

市川は茨城県取手のオルタナティブ・スペース「拝借景」の中心的メンバーであり、郊外という場所性をテーマに活動を展開。「拝借景」は戦後数多く建てられた「文化住宅」と呼ばれる平屋建築であり、市川はこれを改装したり、この場所での生活に実用可能な設備を制作し、彫刻作品として発表している。それはこの場所での暮らしや周辺環境との関わりそのものを表現とし、アートと生活の境界線をぼかしていく試みである。近年では3.11での被災の経験から、「東京」と「自身が暮らす場」と「福島の帰還困難区域」をつなぐ常磐線沿線上を移動しながら、巨大な車輪を展示していくシリーズを発表。この作品を皮切りに、最近は自分達の日常生活の基盤となる、エネルギーを中心としたインフラの仕組みなど、より大きな問題に着目し作品制作を行っている。

Ichikawa Jun

Ichikawa is a central member of Alternative Space "HAISYAKKEI" of Ibaraki Prefecture Toride, and develops activities based on the theme of life in suburbs. "HAISYAKKEI" is a flat building called "BUNKA-JYUTAKU" which was built a lot right after the war, Ichikawa has refurbished the house structure and produced equipment that can be practically used for living in this place, and released it as a sculpture work . It is an attempt to express the relationship with the surrounding environment and living in this place and to blur the boundary between art and life. In recently from the experiences of the disaster in 3.11, He started to exhibit huge wheels on the rail line of Joban Line along the "Tokyo" and "the place where he lives" and "the exclusion zone in Fukushima". Starting with this work, He recently made works focusing on bigger problems, such as energy-centered infrastructure, which is the basis of their daily lives.


EVERYDAY HOLIDAY SQUAD
EVERYDAY HOLIDAY SQUADは1人のグラフィティライターを中心に、数人のアーティストによって構成されるアートユニット。都市空間を探検し、自らの居場所を開拓していくことが活動のテーマで、建物の屋上や隙間、廃墟や空き地など、都市に隠された様々なデットスペースでプロジェクトをおこなっている。過去には、都市の地下空間に隠された川を遡り、暗闇のなかで壁画を制作した映像作品を発表。近作では東京の湾岸で閉ざされた場所を開拓し、流れ着いた驚くべき漂流物を撮影した写真のシリーズを発表している。

EVERYDAY HOLIDAY SQUAD

EVERYDAY HOLIDAY SQUAD is an art unit organized by one graffiti writer and several artists. Their theme of activity is to explore the urban space and cultivate their own place. They projects in various dead spaces hidden in cities such as the roof of the building, gaps, ruins and vacant . In the past, he explored the hidden river in the underground space of the city, released a video work that produced murals in the dark. In recently works, they have pioneered places closed on the Gulf Coast of Tokyo and have released a series of photographs taken of amazing drifting flotsam.


菊地良太 / Ryota Kikuchi

フリークライマーでもある菊地良太は、街の構造物に登ったり、ぶら下がったり、挟まったり、と様々な方法で身体を介入させ、それを写真作品や映像作品として発表している。フリークライマー達は一つの岩から細かい起伏や割れ目などその形状を読み取り、何もないように見える岩肌にルートを見出してクライミングしている。このルート設定を彼らの言語で「ラインを読む」と言い、菊地はまさに都市の構造物に「ラインを探す」ことを続けている。彼の写真や映像作品は街の中のラインが浮かび上がる地図でもあり、菊地が思い描く風景の写真とも言える。日常に見ている街の風景を新しく捉え直す視点と、都市生活の中で矯正されてしまった身体の可能性を揉みほぐしていく。


Ryota Kikuchi

Ryota Kikuchi, an artist and free climber, intervenes the city with his body, climbing, hanging and dangling between the city’s structures, while capturing the action on photograph or video. Free climbers find the route to climb on a rock’s seemingly unyielding surface, by reading the shape and form of a rock, its subtle undulations and crevices. This is referred to in rock-climbing terms as “reading a line” which is exactly what Kikuchi is doing with the structures of the city. In other words, his imagery serves as maps to highlight these lines, as well as selections of scenery that he, himself, has conceptualized. In this exhibition, he finds those lines and physically maps them out within the gallery and its surrounding environment. His work releases new perspectives that re-examine and renew the ordinary landscape of the city and the possibilities of your body that have been readjusted to conform to an urban lifestyle.


宮原嵩広 / Takahiro Miyahara
宮原は特殊メイクや特殊装飾の技術を駆使し、「フェイクの表面」を持つ彫刻作品を制作している。呼吸するように動く大理石の塊、柔かい巨大なコンクリートの壁、そしてぐにゃぐにゃに曲がるアンティークの家具など、これらの表現は単純な驚きとともに、私達がいかに表面だけを観てあらゆる物質を認識しているか、またその認識が曖昧であるかということを知らされる。それは物質を認識することの根源に迫っていく彫刻的な試みであり、同時に都市を構成する「フェイクの表面」に隠された社会の仕組みに迫っていこうとする試みでもある。今回は展示期間中、宮原の彫刻作品を街の中でも実際に展開していく予定。


Takahiro Miyahara

Miyahara makes use of special makeup and special decorative techniques to produce sculptures with "fake surface", such as marble chunks moving like breathing, soft walls of fake gigantic concrete, and old antique furniture imitated by silicone. That offer us a simple surprise, and let us know how we perceive every substance by only looking at the surface, and the recognition is ambiguous. It is a sculptural attempt to approach the root of recognizing substances, and it’s an attempt to approach the social mechanism hidden behind the "fake surface" that constitutes the city at the same time. During this exhibition, Miyahara will develop his sculptural expression in the street.


森山泰地 / Taichi Moriyama

森山は特定の場所に介入し、その場所に隠れた意識や物語を浮かび上がらせる作品を発表している。近作では、とある入江に舞台を立て、そこに森山が滞在する作品「水人」を発表。時間帯によって入江が満ち、舞台と森山の半身が水面下に潜る、また潮が引くとそれらの全貌が出現する。環境が時間をかけて変化する様や、入江の地形、景色、また過去あったとされる土着的な信仰を思い起こさせるきっかけとなった。また同時期には浜辺に漂流してきた、様々な種類のボトルを販売するパフォーマンスも発表。国外を含む様々な場所、そして数十年の時代を跨いだデザインや状態のバラエティー、文化の流入と場所の変化に目を向けさせた。今回の展示では、渋谷という巨大な繁華街に埋もれた物語や環境を、BLOCK HOUSEの特色ある建築を利用して可視化させる。

Taichi Moriyama

Moriyama's artistic attempt is intervening in specific places to embody consciousness and stories hidden in the place. In his latest work, he set up a stage in a certain cove and stays on the stage during the exhibition. The title is "SUIJIN" and means the spirit of water. As time changes, the water level of the cove rises, the stage and his half body sink under the water surface, and when the tide is down, they appear again. It inspires the change of environment and the terrain of the cove, the indigenous faith existed in the past. At the same time, he performed selling various kinds of bottles that drifted to the beach. Those bottles from various places, including overseas, and it have the variety of designs and conditions that spanned ages, those varieties to get the influx of culture and the change in place. In this exhibition, he will visualize the story and  hidden environment in the huge downtown area called Shibuya, using the characteristic building of BLOCK HOUSE.


YAI YAI匿名のアーティスト。第3者を通じたやりとりで間接的に参加が決定。今回の展示では、お台場の自由の女神像に黒い布をかぶせる行為のドキュメントを発表する。アメリカ大統領選直後に実施されたこの行為はアメリカ政府に対する政治的な抗議か、イスラム原理主義社会への批判なのか、または単なる悪ふざけの悪戯なのか。まだ誰も知らない。

YAI YAI

Anonymous artists. Participation was decided indirectly through interactions through third person. In this exhibition, this artist will present a document on the act of covering the Statue of Liberty in Odaiba with a black cloth. This act was carried out shortly after the presidential election in the United States. Is it a political protest against the U.S. government? Is it criticism of the Islamic fundamentalist society? Or is it just a mischievous prank? Nobody knows yet.