http://sidecore.net/

In 2012“SIDECORE”project was founded and initiated by young artist volunteers. The central concept behind the project is “the extension of the self within the city”, in which the “city” signifies both urban space and public virtual space on the internet.

  

ROOM OF SHIBUYA #2

SIDE COREは渋谷の街の都市開発の渦中で開催される「ARIGATO SAKURAGAOKA by ART PHOTO TOKYO」にて、新作インスタレーションと過去の映像を作品を多数展示します。渋谷は東京のストリートカルチャーの中心地として歴史のある街で、SIDE CORE自体の活動においても重要な舞台です。そのような背景を踏まえ今回は、「今まさにその場所で見るべき」かたちで作品を発表する重要な機会となります。

SIDE CORE is showing new installations and past films at “ARIGATO SAKURAGAOKA by ART PHOTO TOKYO”, held in middle of redevelopment of Sibuya city. Shibuya city is known as the center of Tokyo’s street culture, and also very important place for SIDE CORE. We think it’s good opportunity to show overview of our projects in “right time and right place”. 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – 

 

ROOM OF SHIBUYA

会期: 2018 年11月15 日(木) – 12月02 日(日)

時間:12:00 – 22:00

アーティスト:BABU, EVERYDAY HOLIDAY SQUAD, RIZOT, snipe1

会場:ART PHOTO TOKYO (YAMAHA エレクトーンシティ渋谷) 〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町8−27

主催:ARIGATO SAKURAGAOKA 実行委員会

 

ROOM OF SHIBUYA

Term: 15th November. – 2nd.December.

Open:12:00 – 22:00

Artist:BABU, EVERYDAY HOLIDAY SQUAD, RIZOT, snipe1, YAIYAI

Venue:ART PHOTO TOKYO (Yamaha Electone City Shibuya site) 8-27, Sakuragaoka-cho, Shibuya-ku, Tokyo, JAPAN.



BABU

BABU はグラフィティからスケートボード、和彫までをまたぐ北九州の異端児 です。スケートボードにおいて「初メイク」という概念があり、それはまだ誰 も滑ったことのない場所を滑るということです。熊本の震災においてもBABU はスケートボードをしに赴き、またそこで集めた木材でスケートボードを製作 し、チャリティープログラムを行いました。これらの活動は、あらゆる困難な 状況であっても、ストリートカルチャーのエネルギーはそれを乗り越えるきっ かけになる、そのようなBABU の考えに基づいています。 また、現在BABU は自身の身においても大きな困難と立ち向かっています。 BABU ともっとも交流の深い、日本を代表するスケートボーダーの森田貴宏は プロジェクト「My Friend BABU」を立ち上げ、BABU をサポートしています。 イベントは11月16日より12 月2日まで、ワタリウム美術館で開催されます。

 

Evacuation designated zones in Fukushima is changing day by day , a few years ago BABU skated around the town. BABU is skater, graffiti writer, and Tatoo artist, known as most heretic guy in North-Kyusyu. there is the concept of "first make". That means skating place w here people never had done. Even during the earthquake in Kumamoto, BABU went on to go skateboarding, also made skateboards with wood collected there, and carried out a charity program. These activities are based on the idea, which the energy of street culture encourages people to overcome any difficult situation. Also, BABU currently confronts great difficulties in himself. Takahiro Morita, the most famous skating border of Tokyo, has launched th e project "My Friend BABU" and to supports BABU. The event will b e held from Wednesday, November 16th to December 2nd, at  Watarium Art Museum.


EVERYDAY HOLIDAY SQUAD

EVERYDAY HOLIDAY SQUAD(エブリディ・ホリディ・スクワッド)は、ストリートカルチャーに関わる、不特定多数のSQUAD(集まり)です。映像ディレクター、アーティストやグラフィティライター等々の人々で構成されています。それぞれの目が集まって都市空間を見る行為は、複眼のようでもあり、共通した「斜め」からの視点は、新しい何かを発見する好奇心とも繋がります。都市を見る視点は、建築や都市開発、政治や地域社会とは異なります。厳密に言えば、彼らの文化背景であるグラフィティやストリートアートの視点とも異なります。彼らの斜めの視点は「ストリートアート」よりも「遊びや悪戯」の延長線上にあり、それは「街を自分たちの遊び場に変えていく」というアイデアに基づきます。現在の東京の都市空間での自由な活動は、社会的な制約が厳しく、街を遊び場とするには複眼と斜めの視点、アイデアの駆使が求められるからです。今回彼らは、複数の映像作品を展示しています。

 

EVERYDAY HOLIDAY SQUAD is an art unit organized by one graffiti writer and several artists. Their theme of activity is to explore the urban space and cultivate their own place. They projects in various dead spaces hidden in cities such as the roof of the building, gaps, ruins and vacant . this time they exhibit several video works and installation. 


RIZOT

今回展示している映像作品では、エスカレーターから家電まで、街にある様々な機械、その仕組みを利用して絵 を描いています。 フランス屈指のグラフィティクルー ” PAL CREW ” のメンバーであるRIZOT は、 グラフィティから発想を得て、都市環境を利用したプロジェクトを発表してお り、最近ではレンガやアスファルトを砕いて絵の具を作りだし、グラフィティ をするプロジェクトが注目を集めています。 本作品は、2017 年にSIDE CORE が企画したRIZOT とMOSA の2人展「SHORT CIRCUIT」にて発表されました。

 

From home appliances to elevators, RIZOT uses machines and technology in the city to make paintings. RIZOT is one of members of “PAL CREW” , graffiti crew in France. He applies ideas from graffiti, using city environment make art. His recent project is cracking bricks and asphalt to make paint to do graffiti. This work was exhibited in "SHORT CIRCUIT" group show by RIZOT and MOSA, produced by SIDE CORE in 2017.


snipe1

snipe1は日本を代表するグラフィティライターの1人です。90年代をニューヨークで過ごし、その後世界各国を旅しながら様々なアーティストと活動をしてきた彼の壁画には、1人で描いたとは思えないほどの豊かな表現が詰め込まれています。今回展示では、渋谷の再開発の中心にあるこのビルに街の記憶を壁画表現として表出させます。それはまるで元々その場所に描かれたいたようであり、彼自身の渋谷で過ごしたグラフィティーの歴史でもあるのです。

 

snipe 1 is one of the leading graffiti writers in Japan. Since his first experience of graffiti in New York, he has traveled around the world and collaborated with plenty of artists. His graffiti expression is variated by influence of many graffiti styles. He will make mural to revive history of the town, It will be look a like written from the past, and it is also his own history of graffiti in city of Shibuya.


YAIYAI

トランプ大統領当選の翌日、お台場の自由の女神に黒い布がかけられました。 今回展示している作品は、正体不明の外国人のアーティストYAI YAIによる作品で、その関係者の紹介によって展示をしています。彼らのメッセージによると、日本におい て自由の女神像そのもの意味があまり理解されず、別物に成り代わっていることに興味を持ったそうです。

 

Day after Donald Trump’ s election, the statue of liberty in ODAIBA is covered by black cloth. This project is by unknown foreign artists “YAI YAI” , and showing by request of their relative. According to their message, they are interested in the face of the statue of liberty in japan, its meaning is not well understood and becoming a different thing.