http://sidecore.net/

In 2012“SIDECORE”project was founded and initiated by young artist volunteers. The central concept behind the project is “the extension of the self within the city”, in which the “city” signifies both urban space and public virtual space on the internet.

  

意味のない徹夜、通り過ぎる夜

SIDE CORE 
意味のない徹夜、通り過ぎる夜 / pointless overnight , night flows by

この度 SIDE COREは、東京の新たなアートスペース「 AOYAMA STUDIO 」にてアートチームEVERYDAY HOLIDAY SQUADの個展「意味のない徹夜 – 通りすぎる夜」展を開催いたします。

数名のアーティスト達によって構成される彼らは、ストリートカルチャーの視点からアート作品を制作しています。今回の作品は巨大なネズミが、数日間深夜徘徊するという内容で、ネズミを動かすために、何人ものアーティストや友人達が代わる代わる共に夜を明かした記録が映像作品となります。歪で巨大なネズは、深夜徘徊するEHS自身の肖像で、行き場を追われるマイノリティー達の姿、オリンピックの前夜に迷走する街そのものとも言えます。 無人で輝くショーウインドウ、立ったまま眠る警備員、酔っ払いに戸惑う警察、夜閉じて見られるシャッターのグラフィティ、回収を待つゴミ袋、そのゴミをあさるネズミ、、、是非とも巨大ネズミの散歩が見つけ出す、都市の発見を目撃しに展覧会に遊びにきてください。

 

photo: Daisaku OOZU

 >>> 展覧会概要

会期: 2019年3月22日(金) – 4月26日(金)

時間: 11:30 -19:30 ※初日のみ13:00 OPEN

休館日 : 日曜・月曜 休み

会場:〒107-0062 東京都港区南青山2丁目5-17ポーラ青山ビル2 階  AOYAMA STUDIO Studio 164

入場: 無料

 

 >>> 会期中イベント
・オープニングトーク 3月22日(金) 19:00-20:00
和多利浩一(ワタリウム美術館代表)、和多利恵津子(ワタリウム美術館館長)、SIDE CORE / 司会:金島隆弘 (アートプロデューサー/芸術学研究員)

・ナイトウォーク  

青山周辺の建築、グラフィティや変わったスポット、また今回の映像作品の撮影で使用した現場を巡り、東京の街を探索します。

4月6日(土)、4月13日(土)/雨天、ギャラリーツアーのみ

募集人数:各日程 5名

20:30- ギャラリーツアー

21:00- 24:00(終電ころまで) なお、途中退場はできませんのでご了承ください。

 応募方法: 以下のメールアドレスまで、タイトル「ナイトウォーク応募」本文に参加希望日、名前、職業、連絡先を記載しご応募ください。

fujiwarahaneda@gmail.com

 

協力: 株式会社ピーオーリアルエステート
主催/ 企画: 金島隆弘+藤原羽田合同会社