http://sidecore.net/

In 2012“SIDECORE”project was founded and initiated by young artist volunteers. The central concept behind the project is “the extension of the self within the city”, in which the “city” signifies both urban space and public virtual space on the internet.

  

BIOGRAPHY

2012年から高須咲恵と松下徹により活動を開始。美術史や日本の歴史を背景にストリートアートを読み解く展覧会『SIDE CORE -日本美術と「ストリートの感性」-』を発表。その後、問題意識は歴史から現在の身体や都市に移行し、『SIDE CORE -身体/媒体/グラフィティ-』(2013年)、『SIDE CORE -公共圏の表現-』(2014年)を発表。さらに2015年の『TOKYO WALK MAN』からは表現の場を、室内から実際のストリートへと広げる。 ゲリラ的な作品を街に点在させ、建築や壁画、グラフィティを巡る『MIDNIGHT WALK tour』は、現在まで不定期に開催している。 2017年より、西広太志がメンバーとなり、公共空間にある見えない制度に、遊びを交えた視覚化をするアプローチの手法が確立されていく。また、数々の展覧会に参加する一方、2016年からは東京の湾岸地域のスタジオ『BUCKLE KOBO』の運営など、都市での表現のあり方を拡張し続けるアーティストたちが、流動的に参加できる場として、展覧会に留まらない活動を展開している。

 

The SIDE CORE project was founded and initiated by Sakie Takasu and Tori Matsushita in 2012. They have held multiple exhibitions with “the extension of the self within the city”as their main concept. In recent years, they have conducted their “MIDNIGHT WALK Tour” held on a irregular basis. SIDE CORE scatters their guerrilla-tic works in collaboration with other artists in the city, wandering around existing architecture and murals, graffiti, and the city. They also run a studio and multi-purposed space. These activities are a practice to unfold the rules laid on public space, intervene with it, and create new action.


cinraインタヴュー記事 (活動がわかりやすく紹介されています)
https://www.cinra.net/interview/