http://sidecore.net/

In 2012“SIDECORE”project was founded and initiated by young artist volunteers. The central concept behind the project is “the extension of the self within the city”, in which the “city” signifies both urban space and public virtual space on the internet.

  

BIOGRAPHY

SIDE COREは2012年、高須咲恵と松下徹で発足し活動を開始。同世代を中心としたアーティストのキュレーションを行っている。「都市における身体の拡張」を大きなテーマにしており、現実の都市空間やインターネットにおける公共空間を、今ある都市と捉えている。このテーマは1970年代以降輸入されたグラフィティやストリートカルチャーという歴史を基礎としている一方、今私たちが目にする都市でどう生きて表現していくかをテーマにした2011年の展覧会「トウキョウアーバンアーート」から発展した。
2016年には東京の湾岸工業地域にある京浜島に24時間稼働できる大型スタジオBUCKLE KOBOをオープンさせ、アーティストのキュレーションや作品制作を中心に様々なプロジェクトを行っている。